ニュース

CPAが自動で改善される!?AIによる新機能「配信割合最適化」デビュー!

こんにちは!YUIKOです🌈 Squad […]


こんにちは!YUIKOです🌈

Squad beyondの新機能がリリースされたと噂を聞きつけ早速CXに駆け込み取材をしました💨
今回登場してくれるのは、自社広告のクリエイティブ制作やFacebookの運用を担当していたかのんちゃん
広告運用の経験を元に、新機能の活用方法についてアドバイスを貰ってきました 💌

今回のスピーカー:かのんちゃん

Kanon Shimahara

初のインターンを経ず入社した期待の新卒。

WantedlyでSIVAに応募した際、当時の採用担当が誤って不採用ラベルをつけてゴミ箱に入れてしまうも、ふと思い出した代表がゴミ箱から復活させたという逸話を持つ不屈のラッキーガール。おおよそ日本人とは思えないエキゾチックな見た目と「カノン」のファーストネームから海外とのMIXと間違われることも多いが純粋な日本人。見た目は「ほぼ父親と同じ顔」とは本人談。

見た目からは想像のつかない体力の持ち主で、三日三晩オールも可能(一部では想像通りとのウワサも)。その体力は高校時代のヨット部での活動で培われており、その実力はインターハイ3位になるほど(実話)
インスタグラマーの姉がおり、自身も学生時代はライバーをしていたが「いいねの数だけ腹筋します」という企画で1万回腹筋をするはめになり、1週間腹筋をし続けたことが引き金となりライバー引退を決意。

気合・根性・明るさ・素直さはSIVAでも1番。顔の濃さは2番(1番はセールスの原さん)

(第1章)新機能リリースの背景

YUIKO:
マガジン初登場!かのんちゃんです〜⛵️

かのん:
よろしくお願いします!

YUIKO:
今年の4月に入社してもう4ヶ月だよね!
最初はマーケティングチームで自社広告用のクリエイティブ制作をメインで担当していたよね!
今CXチームの配属になってみて、マーケティングチームでの経験はどんな時に役立っている?

かのん:
実際に入稿作業など一通りの業務を担当していたので、ユーザーの仕事の内容に共感することができますね。

「LINEの広告審査落ちまくりました」とか(笑)

YUIKO:
審査落ちの大変さに共感できるのは、かのんちゃんの良さだね😂

かのん:
あとは、チャット対応する時のテキストのまとめ方もマーケティングチームでの経験が役立っています。
マーケティングチームにいた時は「人に伝える前にテキストにしておく」ということを徹底して。
テキストにする時には

  • 結論から書く
  • ドキュメントのリンク+スクショの画像を送る

というのが鉄則です。
CXでの業務でもユーザー対応で数多くのチャットに対応するので、できるだけ無駄なやりとりが発生しないように「いかに相手に伝わりやすくするか」ということを日々意識しています。

YUIKO:
なるほど!期待の新人です🌸✨
今日は「配信割合最適化」という新機能について教えて欲しいのですが…この機能はどんな背景でリリースになったんだろう?

かのん;
元々開発当初から予定にはあったのですが、ユーザーからもたくさん要望を頂き開発が進みました💡

YUIKO:
フリーチャットで連絡を頂いたのがきっかけだったんだね!
(というか、会話の半分がヤクルトの話ww)

 

※チャット対応したはしもっちゃんが登場する記事はこちら👇

【ヒートマップを使いこなせ!!】仕組みを知ればこんなに成果が変わる!!【前編】

【LP改善する前に】媒体のこと、もっと知ってみませんか?

かのん:
そうです!要望内容をまとめると…

自動最適化機能がない時

  • 効果の良いversionの配信割合を自分で手動でいじらないといけない
  • 手動なので手間がかかる
  • 自分で分析している(仮説を立てている)ので効果が本当に合っているかわからない

自動最適化があると

  • 手動でなく自動で切り替えてくれる
  • データを元に自動で配信割合を切り替えたくれるので効果が上がりやすい

という訳なんです。

YUIKO:
なるほど🤔
Squad beyondの「ブランチオペレーション機能」を既に使いこなして貰った上で「もっと効果を上げたい」という想いで頂いた要望だったんだ✍️

(第2章)ブランチオペレーションの復習

かのん:
ブランチオペレーション機能を使うと”クリエイティブとLPを組み合わせた多変量テスト”を行うことができます。

YUIKO:
1URL複数のクリエイティブ複数のLP同時検証できるということだよね✨

かのん:
そうです。(1)のレポートでLP毎の指標を確認、(2)のレポートでLP×クリエイティブの掛け合わせの結果を確認することができます。

(1)LP毎の指標を確認

(2)LP×クリエイティブの掛け合わせの結果を確認

YUIKO:
このレポートこそ「人手不足でも、WEB広告の効果がすぐに出る」味噌の部分!

かのん:
例えば、クリエイティブを〈cute〉〈nice〉〈cheap〉の3つ、配信ページを〈LP1 beautiful〉〈LP2 reasonable〉〈LP3 increadible〉の3つ用意した時に、クリエイティブとLPの掛け合わせを把握するとしたらどんな作業が発生するかご存知ですか?

YUIKO:
まず広告側(クリエイティブ側)の数字を把握するために、媒体管理画面にログインするよね💨
必要に応じてデータをダウンロードしたり、スプレッドシートで関数を組んだり…?
あとは、LPの数字を把握するためにGAでの確認作業。この2つのデータを突き合わせると掛け合わせのデータが見れるのかな?🤔

かのん:
そうです。これが1広告だけだったら良いのですが、顧客数 × アカウント数 × クリエイティブ数 × LP数 と考えるとゾッとする作業数ですよね… 😣

YUIKO:
想像するだけで寒気がする…(笑)
でもこの作業をしないと、効果の良し悪しの原因がクリエイティブなのかLPなのか判断できないから、具体的な改善策が思い浮かびづらいよね。

かのん:
非効率的ですよね…🥺
ですが、Squad beyondのブランチオペレーションを使えば解決です✨

先ほどもお伝えしたように、1つのURLの中でクリエイティブもLPも管理されており、組み合わせ毎配信ON/OFFができるので、何度も入稿をし直す必要なくCPA高騰を防ぐことが出来ます。

YUIKO:
この図で、ブランチオペレーションの仕組みについて解説されているね!
左の図は、
1つのURLの中にクリエイティブ3つと配信ページ3つが設定された状態。
右の図は、さらに〈cute〉のクリエイティブから流入してきた人は
〈LP3 increadible〉に遷移+〈nice〉のクリエイティブから流入してきた人は〈LP1 beautiful〉〈LP3 increadible〉に遷移する設定を表しているね。

かのん:
ユーザーの方はこのレポートを見て、訴求を選んだり、クリエイティブを作り直したりLPのテストをしていますね!

YUIKO:
ちなみに、かのんちゃんが自社広告の運用をしていた時に意識していたクリエイティブ制作のポイントはどんな部分?

かのん:
他社のクリエイティブから勉強をよくしていました。
目に止まったものスクショ保存、良かったと思う点と共にTwitterアウトプット
特にデザイナーのInstagramや広告運用者のTwitterには目をつけていたり、コピーライターの言葉選びの仕方は真似していました。

YUIKO:
確かによくTwitter更新していたよね!
制作者目線でクリエイティブを見れるから、すごく勉強になったな〜。
外部から取り入れて、実際に実践したことはある?

かのん:
”目立たせたい文字の上に点々”はよくやりましたね。点々もなるべく小さくする方がバランスが良く見えます。

 

あとは、配色・色見など、カラーコードで記載されているものはメモしていました。
土台を作っておけば、統一感もあるし強弱もつけやすいので便利です。

YUIKO:
このクリエイティブ、私のInstagram広告にもよく出てきた!!
かのんちゃんのセンス好きだな〜🎨💕

(第3章)「配信割合最適化」とは

YUIKO:
本題の「配信割合最適化」について教えてください!

かのん:
ズバリ、配信割合自動最適化して配信ができるようになりました。
この機能により、CTRをもとに最適化したいVersionの配信割合を自動で変えることができます!

YUIKO:
CTRをもとに最適化したいVersionの配信割合を自動で変える…😳?

かのん:
仮に、Version AとVersion Bを最適化に選択すると、Aが勝ち(配信割合 1)でBが負け(配信割合 0)ではなく、おそらくAが良い(配信割合 60)、相対的にBはよろしくない(配信割合 40)のように「おそらく良いVersion」配信を寄せていく機能です。
最適化したいVersionをクリックするだけで操作も簡単ですよ👩‍💻

YUIKO:
おおお!

かのん;
この機能の仕組みは、弊社のデータサイエンティストがこれまでのブランチオペレーションの結果を分析し最大にパフォーマンスが上がる仕組みを提案してくれました。

YUIKO:
なんか難しそうなグラフが…😳

かのん:
詳細のアルゴリズムは企業秘密ですが、今まで手動で行っていたブランチオペレーションが自動で行えるようになったので、広告運用者にとっては作業時間の短縮にも繋がるし、成果が上がりやすくなるので是非オススメしたい新機能なんです✨
あくまでもまだ第一段階であって、CTR以外にもCVR/CTVR/CPAなどの弊社独自の最適化基準開発中です!!
ご期待ください😘

YUIKO:
リリースが待ち遠しいです🐰

インタビューを終えて

いかがだったでしょうか?

クリエイティブ × LP の掛け合わせを見れるブランチオペレーションがさらにバージョンアップし、配信割合最適化機能がリリースされました!
これまで組み合わせのON/OFFに手間を感じていた方は、是非この機能を利用し作業時間を最小限に抑えてくださいね!

次回のマガジンも新機能の紹介が…!?お楽しみに!
最後まで読んで頂きありがとうございました🩰

Similar posts